セサミンって何?

セサミンをサプリで摂る3つのメリット

セサミンは病気の予防や老化の防止に効果があり、積極的に摂りたい成分の一つですが、ごまなどわずかな種類の食材にしか含まれていません。
普段の食事だけで十分な量を摂るのが大変な場合は、サプリを利用するのも良い方法です。

3つのメリット

低カロリーでセサミンが摂れる

セサミンをサプリで摂る最大のメリットは、摂取カロリーを低く抑えられることです。

セサミンを含む食材には、ごまや胡麻油、米、麦などがありますが、米や麦は精製の過程でほとんどのセサミンが失われてしまいます。
食事でセサミンを摂り入れる場合は、ごまや胡麻油を使った料理を食べることが有効です。
けれど、セサミンの1日の推奨摂取量10mgを、ごまで摂るなら約9gが必要で摂取カロリーは54キロカロリー、胡麻油にいたっては20~30gが必要で185~370キロカロリーにもなります。

これに対して、市販のセサミンのサプリは1日分で7~15キロカロリー。
毎日摂取することを考えるとこの摂取カロリーの差があります。

手軽で続けやすい

調理の手間がないサプリは、手軽で続けやすいこともメリットです。
セサミンをゴマから摂る場合、そのままでは固い殻が原因で吸収率が低いため、炒ったりすったりして摂る必要があります。

セサミンの健康効果は、体内の活性酸素を抑制することで得ることができますが、活性酸素は、体がエネルギーを作り出す際の副産物で、生きているだけで体内に発生します。
特に、ストレスを受けやすい方や紫外線を浴びる時間が長い方、喫煙・飲酒をされる方、過激な運動している方は活性酸素が過剰になりやすい環境にあります。

こうしたことから、セサミンは毎日続けて摂ることも大切です。
毎日無理なく続けるためには、手軽に摂取できるということは大きなメリットとなります。

飲みたい時に飲める

セサミンのサプリを毎日同じ時間に飲んで、それを習慣にすることは飲み忘れを防ぐコツのひとつです。
いつでも飲みたい時に飲めるサプリは、自分にあった習慣づけをすることができます。

サプリの選び方

市販のサプリはたくさんの種類がありますが、セサミンの場合は以下の3点をメーカーのホームページなどで確認しておくと失敗が少なくてすみます。

セサミンの含有量

セサミンの1日の推奨摂取量は10mgです。
セサミンは多く摂れば効果が早く現れるわけではありません。この量を毎日続けて摂れるサプリがおすすめです。

セサミンの抽出方法

ごまからセサミンを抽出する際に化学溶剤のような添加物を使用することがあります。
なるべく安全性の高い方法でセサミンを抽出している製品を選びましょう。

商品の安全性

ごまの国産自給率は1%を大きく下回っていて、セサミンサプリのほとんどが外国産のごまを使用しています。
原材料のごまの安全性は、各メーカーの安全基準などを確認しましょう。

ページのトップへ戻る